和飲通信
和飲通信は本来紙の媒体で、最新号は店頭で配布しています。 その中から抜粋してここに掲載してしております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
2006年3月号
 一月、二月があっという間に過ぎ去り、いよいよ春本番というこの頃です。
それでも戻りの寒さがあったりします。風邪などひかれませんようご自愛ください。
 先月来個人的に大騒ぎだったNFLは、結局スティーラーズが第6シードからとうとうスーパーボウルを制してしまいました。
フットボールのゲームは徹底したスカウティング(偵察)、分析、それとタクティクス (戦術)が大きなウエートを占める競技です。
コーチは後でするプレーのための捨てプレーを指示することもありますし、相手の反応を確かめるためだけのプレーもあります。
つまりシステムで決められたとおりきちんとプレーできることが選手には要求され、コーチはその前提の下でゲームプランを立てて戦います。
 両チームの徹底した相手の分析で互いの得意戦術が相殺されたのか試合は強豪同士の膠着状態が続きました。そこで均衡を破ったのは、意外なヒーロー、ハインズワードでした。彼は韓国系アフリカンアメリカンで、チーム内では第二、第三のレシーバーでした。ワードの予想外の活躍で一気にチームは勢いに乗り、シーホークスを突き放してしまいました。つまり最終的にチームを勝利に導いたのシステムでなく人でした。
 ワードはMVPに選ばれ「自分は特に体が大きくも強くもなく、足もそれほど早くない。MVPになれたのはみんなのおかげ。
チームの勝利のために最善のことをしようと思っただけ。明日からも自分より素晴らしい他のレシーバーのようになれるようにがんばりたい」と幼い息子を抱き上げながら爽やかに応えていたのが印象的です。
 ところでご存知の方もいるかもですが近頃私と直樹(弟)二人が週に6日地区を決めてチラシを持って歩いています。自分自身を鍛え直す意味でやっています。たいしたことではないかも知れませんが、改めて商人の基本を問い直すような気持ちです。
これまでは、この商品がこの価格でなら売れるはずだとか、安く仕入れて安くすれば売れるだろうということをばかり考えがちでした。そこには自分が人として信頼されその上で商いが成り立つ、という商人道の基本が抜けていた気がします。
今更ながらチラシ配りをしてみて大切なことに気づきました。寒い日や雨の日もありますが気持ちは充実しています。
 限られた時間、頭数なので全地区は回ってませんが、もし見かけられたらよろしくお願いします。
 今月も和飲通信をお届け致します。

スポンサーサイト
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。