和飲通信
和飲通信は本来紙の媒体で、最新号は店頭で配布しています。 その中から抜粋してここに掲載してしております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
2008年1月号
新年明けましておめでとうございます。
謹んで新年のお慶びを申し上げます。
旧年中は格別のご愛顧を賜りありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 みなさま方におかれましては穏やかな新年をお迎えのことと存じます。どうぞご家族団らんでごゆっくりとお過ごしください。
 
 去年の話になりますが11月の終わりにタートルマラソンに出ました。自分なりにトレーニングはやってきたつもりでしたが、結果は散々でした。トレーニングの時に走ってない距離になるとやはりダメになってしまいました。練習で最長で2時間ちょっとしか走っていませんでした。大会でフルを4時間で走ろうと狙っていたのですが、その半分です。
 当日、早く起きて餅を6個食べました。スタートして伊喜末、小江、長浜、小海、大部と順調に走れました。もうちょっとペースを上げてもいいかな?と思うくらいでした。
 小部で折り返しました。時間にしてちょうど2時間少々の地点です。そこからは未知の距離、時間です。そこで急に不安になりました。やっぱり練習は嘘をつかない。練習でしてないことは試合でもできません。さっきまでのペースが嘘のように急に走れなくなりました。周りの人にどんどん置いて行かれました。帰りの大部の信号の交差点で止まってしまいました。後は歩いたりちょっと走ったりでした。
  フルマラソンはとても残酷な競技です。一度足が止まると二度と前のペースに戻れません。結局目標タイムを大幅にオーバーして制限時間内にも戻れませんでした。足を引き摺りながら歩いて遠い遠いゴールを目指すのは、ぼくに取ってとても屈辱的な時間でした。情けないし悲しかった。なにより練習不足なことが悲しかったです。
 その夜は寝返りを打つことも出来ないくらい足が痛かったのですが、絶対に来年こそきっちり練習して笑いながらゴールするぞと心に誓いました。
 けれど、よく考えてみるとトレーニングを続けてきたおかげで健康診断の結果も良くなったし肝臓の数値も正常の範囲に戻ったし、こんなことに挑戦しようと思える健康な体を親からいただいたことだけで充分幸せなことだと思います。走りたくても走れない方もおられるでしょう。また体は健康でもいろんな事情でそれどころではないという人もいるかも知れません。
「生きとるだけで丸儲け」
悔やみや望みを言えばキリがありません。今年も楽しく参りましょう!
和飲通信をお届けしたしました。ご笑読いただければ幸いです。

ねずみ3



 
スポンサーサイト

TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。