FC2ブログ
和飲通信
和飲通信は本来紙の媒体で、最新号は店頭で配布しています。 その中から抜粋してここに掲載してしております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
2007年2月号
 一年で一番寒い季節です。皆様風邪などひかれませんようにどうぞ暖かくしてお過ごし下さい。
 この春から息子が大学へ行くので先日大阪へ部屋探しに行って来ました。実は息子は私と同じ大学へ通うことになりました。
パソコンで検索して不動産屋さんとは連絡を取ってあり移動中に電話連絡をすると、担当の方が最寄の駅まで迎えに来てくれていました。事務所で物件の条件を確認した後現場を数ヶ所案内していただきました。学生街を軽自動車で回ったのですがぼくにとっては全ての風景が懐かしくきょろきょろしてました。
 ふと思い出して、その案内してくれた人に学生の頃よく通った定食屋さんのことを話してみると、今でもとっても流行ってるということです。驚きました。余計に懐かしさがこみ上げてきました。
 定食屋のおばちゃんにはとっても良くしてもらいました。もちろんぼくだけでなく学生はみんな大好きな店で昼も夕方も食事時は行列が出来ました。定食はとにかくおいしくて普通でも量が多い。そして大盛りにするとごはんの量がハンパじゃないほど多い。普通の学生はよほどの時でないと大盛りは食べられないと云ってた程です。けれどぼく達体育会の学生はおなかペコペコでライスをおかずにごはんが食べられる程でしたから、おばちゃんにしてももりもり食べるのを見て喜んでたのかなあと思いました。
 そんなことを考えているとはやくあの定食屋さんに行き、しばし学生時代に戻ってあのごはんを食べたくなってきました。 部屋を決めて契約をしてさっさと行こうとするのですが、「宅建主任」という上司が出てきて細かい契約内容をいちいち説明をはじめました。ちょっとイライラ。
 ようやく契約も済み急いで懐かしい大学通りを歩きお店を目指しました。
その日は早朝から出て、バスの中では寝っぱなし。難波に着いたらそのまま電車に乗り朝から何も食べてなかったのでした。学生ばっかりの街ですから祭りでもないのにタコ焼屋やら焼ソバ屋などが出ててますますおなかが減ってきます。でも我慢我慢。大盛りに挑戦だ。20数年ぶりでちょっと間違いながら最後は人に訊ねてなんとかたどり着きました。
 ウォーウォー、昔のままです。あの頃と同じカウンターだけの店、おばちゃんがカウンターの真ん中に入って十数名の学生達の注文を仕切る店つくり。なんとおばちゃんも健在だ!タイムスリップしたような感覚で店に入ると、おばちゃんが....
「ごめーん、今すんだんでー」昼2時から5時まで休憩でした。学生時代何回もこんな体験したのに、学習能力ないぼくです。まさにタイムスリップ。おばちゃんはタブン娘さんでしょうか、冷静に考えてみるとすでに八十は超えてるでしょうし。
  和飲通信お届けいたしました。
  ご笑読いただければ幸いです。
スポンサーサイト

TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。